加圧トレーニングを始めようと思っている方へ

私自身、加圧トレーニングはお試しのような感じでちょっとだけやったことがある気がしますが、とてもしんどかったようなおぼえがあります。

たしか、ベルトで腕や腿を締め付けて血流を少なくし、体に負荷をかけることによって、短時間でトレーニング効果をあげる、ということだったかと思います。

今回あらためて加圧トレーニングのメカニズムを調べてみたら、だいたいのところはあっていましたが、初めて知ったこともいろいろありました。

まず、加圧トレーニングすることによって、「成長ホルモンが分泌される」

ということ。

より細かくいうと、筋肉が疲労して乳酸がたまると、それを脳が感知して成長ホルモンが分泌されることになります。

それが血流にのって全身をめぐり、だいたい1時間後くらいから、脂肪が分解されはじめます。

さらにその1~2時間後から筋肉合成されはじめ、それは2日間くらいかけて進行するそうです。

なるほど、アスリートばかりでなくダイエット目的の女性にも人気なのは、こういうメカニズムがあるからなのですね。

もうひとつ、加圧トレーニングについて今回あらためてわかったのは、「関節に負担をかけにくい」

ということ。

なるほど、筋肉をきたえるために重いバーベルを持ち上げたりすると、全身のいろいろな関節を痛める可能性がありますが、加圧トレーニングの場合は実際に重いものをもったり、激しい動きをしているわけではないので、そのおそれがないのでしょうね。

さらに関節だけでなく、筋肉組織や靭帯の故障も防ぐことができるそうです。

これを読んでいて、なんとなく水中エアロビクスを思い出しました。

母と私は以前、ちょっと水中エアロビクスをしていたことがありますが、たしかその時は、「浮力があるので陸上で運動する時よりも関節に負担がかからない」

といわれたような気がします。

そのうえ「水の抵抗があるので、陸上で運動する時よりも負荷がかかって、より効率的に筋肉をきたえられる」

ともきいた気がします。

加圧トレーニングをする時のメリットと、けっこう重なる部分があるような気がしますね。

ちょっと脇道にそれましたが、加圧トレーニングについてより詳しく知りたい方は、ここのサイトも参考になると思います

加圧トレーニングで素敵なボディーを手に入れませんか?